1. TOP
  2. お知らせ

[栗狩り開催中 9/23~10/7]

日曜日朝10:00にソフィッコランドCにお集まりください
柿とカボスもサービス中!。

『ゆうわくワイド』『旬感3ch』で紹介

5/23に2か所で放送されます

平日サービス『Theスーパー農園』

農園をスーパーマーケットに見立てて、お客さんがほしいものを採ってレジに持ってくるというサービス(超新鮮!安全!明朗会計)
①今年は、平日は月~木に営業。
※できれば13:00~16:00に来てください。午前中は農園整備をしているときがありますので
(連絡がない場合は営業しませんので来る前にご連絡ください)
②入場料&駐車場は無料としますが、精算前に食べるのは禁止
※普通はそうです。たまにお金を払う前にラップを取って食べる子も見かけますが、それはダメです。
収穫した、果物/野菜で採った分だけお支払い
これで、果物/野菜がほしくなった際にここにきて採りに来てください。
名付けて The『スーパー農園』
野菜はただいま、キュウリ、トマトを栽培中、果物は甘夏、レモン、6月になればビワ、梅、スモモが採れます。
秋に玉ねぎ、ジャガイモ等を栽培します。特に玉ねぎは最高に美味しいですよ。
値段は1個あたりいくらに設定。こうすれば大きなものを探して安く買うという方向で楽しさが倍増間違いなし。
早い者勝ちで客を呼び込み、秤もいらない。ただいま甘夏1個100円は安いですよ。近くのスーパーで先日他県のものが170円で売られていました。
ソフィッコランドで収穫する場合、サイズも自由に選べるし、まず味が断然いいですから。本来なら150~200円にしたいところですがそこはサービス。
レモンは1個100円、スーパーでは国産レモンは150円くらいします。
スモモはどうするかとりあえず1個50円が妥当か?梅は時期が来た際にスーパーの値段を見て考えましょう。

園内でフレッシュジュースを瓶詰めできます

精算済みの甘夏をその場でお客さん自身でジュースを搾り瓶詰できます。
打栓機、搾汁器はお貸しします。ラベルのシールはサービスします。
こちらで用意している瓶は1本100円ですが、ビール瓶を用意してもらえれば費用は掛かりません。
なお搾りカスは、ネットに詰めて入浴剤にご使用ください。とても喜ばれます。
採ったばかりの甘夏の皮には油がたくさん含まれ。アロマオイルのような香りに肌はすべすべになります。
また、油の刺激で少しピリピリし、これは血行が良くなるのでは。
ジュースのビタミンCも加わり、リラックス+美容に最適
ジュースを飲んで体の中から、甘夏風呂で体の外から綺麗になりますよ

[イベントディ無料甘夏狩り]

ご好評につき、5月~6月イベントディに限り、入園料無料ご招待(お持ち帰り甘夏は1個100円)
WEEKディの月・火・水・木も予約してもらえれば営業いたします。
WEEKディは入園料は無料ですが食べ放題ではありません。食べた甘夏とお持ち帰りの甘夏の合計で1個当たり100円(キャンペーン中)お支払いください

イベントのゲーム

甘夏取りゲーム


じゃんけん大会


缶蹴り鬼ごっこ


[GW甘夏祭り]5/5と5/6無料甘夏狩り

GWど真ん中に『ソフィッコランド』をオープンしました。
先着100人を無料甘夏狩りイベントにご招待。

【日時&場所】
日時:GW5/5(土)と5/6(日)10:00 場所:大分市上白木8組(ソフィッコランド)※天海の湯の先

甘夏発祥の地、大分で以前グランプリをとった井上農園の甘夏を贅沢に6~10個搾った最高級の甘夏ジュース。

60年以上前になりますが、先代の井上純治郎が四国の愛媛から大分の地に移り住み山を切り拓き当時まだ出始めの甘夏を栽培しました。ここ上白木地区は粘土質の土壌で甘夏栽培に適し糖度の高い甘夏ができます。また適切な手入れを行い、栽培当初から品評会でグランプリをとっていた甘夏で、大分の市場では㊤丸上というロゴで名前が通り、高額で取引されていたブランドです。しかし高齢により山を他社に貸し付けていたのですが、あまり手入れができていない状態でした。これを2017年より息子の井上和仁が農園を整備しなおし幻の甘夏を復刻しました。糖度は春先から12を超え、中には16度を超えるものもあります。(FACEBOOKでビデオをアップ)

しかし、最近は食べにくさという点もあり甘夏の人気が下がり販売は難しい状態です。甘夏は癌や風邪の予防に効果的と言われており、以前はクエン酸工場で夏みかんから直接製造するほどクエン酸が豊富で疲労回復に効果的です。また血圧を下げる効果や血液をサラサラにする効果もあるとされています。もちろん豊富なビタミンCによる美肌やアンチエージングにも良いとされています。
このように高齢者にとても良いものですが、高齢者は特に甘夏を剥いて食べるのは困難なので、甘夏をジュースにして製品化することにしました。
さて工場で加工しジュースにすると輸送も含めて経費がかさみなかなかビジネスになりません。なお工場で一度に多量に加工すると鮮度も落ちます。そこで、ジュース製造の営業許可を取得し農園内で自家絞りを行うことにしました。また絞りに関しては、レストランで使用している手動の搾り機を使用し雑味のない最も良い状態でジュースにします。このように、注文後に収穫し即搾って出荷することができ、1本1本糖度を測定し管理することを実現しました。

甘夏はジュースの他に、ソルテイドッグのカクテルにも最適です。通常ソルテイドッグはグレープフルーツジュースを使うのですが、鮮度の良い甘夏を使用すると格段においしくなります。また、甘夏を使用したゼリーは格別です。これらは、火事で現在は営業していないイタリアンレストランのソフィッコハウスの人気メニューでした。

井上農園の100%ジュースはとても酸味糖度とも高くとても味が濃いです。そのままストレートで飲むのがベストですが、半分水を加え50%程度にして、はちみつ等を加えて飲むのもおすすめです。ソルテイドッグまでいかなくても焼酎で割って手ごろに飲むのも美味しいです。
◆甘夏の使い方
甘夏ジュース、ソルテイドッグ、甘夏焼酎割、甘夏ゼリー、マーマレードジャム

[出荷用箱が完成]

高崎山の麓に広がるソフィッコランド
そこで甘夏を中心に、桃、リンゴなどが栽培された観光農園
モデルはソフィッコブラザーズの理一(甘夏)魁人(リンゴ)龍馬(桃)
このイラストは子供たちが描いた絵をモチーフにしています。
その中でいつも一番になったと豪語する創始者のおじいさんが
日本一の旗をソフィッコランドに力強く突き刺し
幻の井上農園を復刻したという歴史
そのイメージをアットホームに表現しています。

[おじいさんの歴史]

おじいさんは昭和30年代に愛媛の三崎町から大分市に移住し、甘夏に適した土地を購入
そこで0からおばあさんと共に開墾し、甘夏みかんの木を植えました。
開墾当初はみかんが収穫できず、野菜を売ってとても大変な時期を頑張ってきました。
それから甘夏の木は立派に育ち、とても甘く品質の良い甘夏を作ることができ
当時とても高値で市場に出荷し、井上農園の甘夏はとても名前が通ったブランドでした
男ばかりの子供3人を大学に進学させることが出来たのですが、その山を引き継ぐものがおらず、
70才くらいになり一度引退して、その山を他の業者に貸していました。
しかし20年ほど他人の手にゆだねてしまうと山は荒れ果て木は弱ってしまいました。
それから三男の私がなんとかその土地を取り戻そうと今一度農地を整備し、
ソフィッコランドとして再開、また三人の息子の家族で頑張っています。
今年90才になるおじいさんは監督&お手伝いで全力投球まだまだやります。
右端がおじいさん、だっこされている赤ちゃんが私、左がいまは亡きおばあちゃん